金さん

社員紹介4回目は、マーケティング本部の若手ホープ、金里沙に話を聴きました。


IPGにはいつごろ入社しましたか?

2014年に入社したので、今年4月から3年目になります。


入社前、そして入社後のIPGのイメージがあれば教えてください

入社前、就職活動は一般的な就活サイトを利用していたわけではなく、エージェント会社を通して行っていました。そのため、IPGがどんな会社かということは、エージェント会社を通じて入社前から知っていました。ただ、入社当初と違って、今のように放送局の方々とこんなにも密なコミュニケーションを取るようになるとは思ってもいませんでした。


入社してから、何か入社前とギャップはありましたか?

いい意味で自分でやれることが多いところだと思います。


なるほど。入社してからの仕事内容を教えてください。

入社前からの希望通り、営業として仕事をしています。サービスの特性上、ブランド力で勝負する……という訳ではないので、どういうアプローチで相手に営業をすることが出来るか、その難しさを自分で解決して対応するところが仕事として面白いですね。初めてお会いするクライアントにGガイドをどう伝えることが出来るか、また、クライアントの反応を社内へフィードバックし、状況・サービスを変えることもできるので、それはときには大変なこともあるんですが、それらを通してクライアントから良い反応が返ってきたときは本当に嬉しいです。


IPGの好きなところってありますか?

先ほどのギャップの部分とも被るんですが、自分の裁量で出来る仕事が多いところですね。


仕事をしている中で嬉しかった経験を教えてください。

私が受け持っているクライアント担当から、金さんだと仕事をしたくなると言ってもらったことがあって、営業としては非常に嬉しい経験でした。やはり仕事という対価で自分への評価が頂けるのは嬉しいことです。


IPGに是非伸ばしてほしいところはありますか?

もっとIPGのサービスを利用するユーザー数が増え、コンテンツ力と影響力が強いサービスになっていってほしいと思っています。そうすればクライアントへより良い提案が出来るようになると思うからです。


IPGでやっていきたいことはどんなことですか?

もっと売上を伸ばしていきたいと思っています。また将来的にはIPGのサービス領域を広げ、韓国のコンテンツも盛り上げられるような仕事に関われたらと思っています。


IPGでは、どんなヒトと一緒に仕事をしたいですか?

やはり尊敬できるヒトですね。特に一緒のチームで仕事をしている部長を始め、先輩たちのことを非常に尊敬しています。


あなたのモットーを教えてください。

「クライアントファースト」です。
あとはポジティブに考えることですね。


最後にこれだけは言っておきたいことを教えてください。

私自身は仕事をする上で、目的をもって行動できるヒトになりたいと思っています。IPGという会社に興味を持って、さらに楽しく仕事をしたいという方、是非お待ちしております。


ありがとうございました。