小松さん インタビュー

7回目になる社員紹介は、
今年新卒で入社した小松由季に入社してから現在までの話を聞きました。


今年の4月に新卒で入社されてから、今までを振り返っての感想を教えてください。

まだ、分からないことがたくさんあります。私自身は文系就職をしたつもりだったので、いま携わっているプロダクト本部での仕事内容は、毎日知らない単語に囲まれて生活している感じがしています。


4月に入社してから、仕事で何かびっくりしたことってありますか?

私のなかで、エンジニア系の仕事をしている方は、みんな理系出身の方ばっかりだと思っていたんですが、実際は文系出身で社会人になってからプログラミングなどを学び始めた方もいると知ってびっくりしました。


現在の仕事内容を教えてください

今はちょうど仕事を部署で業務移管している最中で、同じ部署の先輩からいろんな仕事を引き継いでいる真っ只中です。具体的な仕事内容としては、弊社で提供しているサービスの数値を集計することなど作業系の仕事が多いですね。


新卒で入社して数ヶ月経ちましたが、今現在の1日の流れを教えてください

出社したのち、まず雑務をこなします。それを終えるとメールをチェックします。
1日の予定をカレンダーに記入した頃合いで所属するチームの朝会が始まります。
朝会が終われば、そこからはひたすらデスクワーク(主にサービスの数値集計)をこなします。
まだ入社したばかりなので、デスクワークの合間合間で仕事のレクチャーを受けることも多いです。
毎日だいたいこのような流れで進み、19:00前後には退社出来ていますね。


IPGに入社しよう!と思った決め手は何だったんですか?

すでにIPGで働いているヒトに話を聴いたことが大きくて、聴く限り、みんな楽しそうでキラキラしていました。特に高校からの友人で先にIPGで働いていた鈴木杏奈は、仕事は大変だけど楽しいと言っていましたね。
さらに元々私自身がGガイドユーザーでサービスを知っていたことも大きかったです。実際に働いているヒトたちの声を聴けたことと、自分自身がサービスのユーザーだったことでIPGに惹かれるものがありました。



入社してから数ヶ月、何か仕事をする上でギャップはありましたか?

入る前は、もっと個々で仕事をするイメージがあったんですが、思った以上にチームで仕事をする印象が今は大きいです。
それと、目の前に相手がいるのに、Slackで話すことには未だになれません(笑)


学生時代との最大の違いは何ですか?

自分への評価が、自分の生活に直結するところです。学生時代はまだまだ子どもだなという意識があったのですが、社会人になると責任が伴うんだなと。


IPGの好きなところは何ですか?

いろんなヒトがいるところです。良い意味で型にはまったヒトがいない気がします。何年後かにこんな風にありたいなと思えるヒトが社内に何人もいます。あと、とても社内の雰囲気が柔らかい気がします。


IPGでやっていきたいことはありますか?

自分もシェイク!みたいなイベントをやったりして、もっと発信していけるようになりたいです。


どんなヒトと一緒に働きたいですか?

当たり前なことですが、「面白くて、嘘をつかないヒト」と働きたいですね。


何か自分がハマっていることを教えてください

毎年やっていることなんですが、ハロウィンのとき仮装で風変わったことをするのが好きなんです。



あなたのモットーを教えてください

自分がアルバイト時代に言われたことなんですが、「明日やろうはバカやろう」ですね。意味としてはそのままなんですが、今できることは今やる、今できることを先延ばしにするとやらなくなるから。という意味です。


最後にこれだけは言っておきたいことはありますか?

私が知り合いになりたいヒトは、自分の図鑑に載っていないヒトです。
新人類との出会いを楽しみにしています。