望月さん インタビュー

今回で9回目の社員紹介。4月に入社したばかりのPR担当、望月大作に話を聴きました。


まず見た目にとても貫禄があるのですが、おいくつなんでしょうか?

はい、今年の9月で34歳になります。
ほぼほぼ歳相応に見られることはないですね。もう言われ慣れましたが(笑)
大学院まで行っていたこともあり、現在は社会人9年目になります。

ちなみに大学院では何を研究されていたのですか?

ガンダムです。というと冗談だと確実に思われますが、「物語・社会構造から読み解くガンダムの象徴性」というタイトルで13万字の修士論文を割と真面目に書きました。



じゅ、13万字の修士論文とは。。そ、そうでしたか。。話は急激に変わるのですが、IPGに入社されたのはいつですか?

入社は今年の4月ですね。先月ようやく試用期間が終了しました。(笑)

そもそもIPGに入社するきっかけは何だったのですか?

前職に在籍している際、社長である田路と知り合うきっかけがあり、それがご縁で入社することになりました。

それは、どんな縁だったのですか?

知人たちと大阪で忘年会を企画したときに、たまたま知人つながりでとある方も忘年会に参加することになったのですが、当日なんとその方がトリプルブッキングされた忘年会を1つに集めており、その忘年会メンバーの中に田路がいたという本当に偶然的な出会いでした(笑)
その後、都内で田路とランチを一緒にする機会があったのですが、そのタイミングでほぼ大勢は決しました(笑)

そんな偶然ってあるもんなんですね。

そうですね、物事が進むときって、案外トントン拍子に進むことが多いと思っていて、まさに典型的なトントン拍子感だったと思います。

入社前に会社のイメージはありましたか?

大阪で田路と名刺交換をしたタイミングでは全くイメージがありませんでした。
それこそ、何の会社なんだろう?と思ったことを憶えています。
それからランチするって話になったときに会社のことを調べられるだけ調べたら、「あ、Gガイドの会社なんだ。」と。さすがにGガイドの名前は知っておりました。

実際に入社をされてみて何かイメージは変わりましたか?


思っていた以上にイメージが変わることはないですね。ただ思った以上に仕事を任せてくれて信頼してもらっていることには、非常にやりがいを感じています。

ということは、あまり入社前と入社後にはギャップがなかった?

自分がIPGで担当する分野というのは、会社の誰もほとんど担当していない分野と伺っていたので、特に何かギャップが大きな壁となることはなかったですね。ただ、少し今まで培った自分の感覚で仕事を進めてしまう傾向があるので、そこで少し進め方でのギャップが会社とあったように思えます。そのこと自体は常にトライ&エラーでチューニングするべきことだと思うので、常に何かを行うごとに改善されていると思います。

誰も担当されていない分野ということですが、入社後の仕事内容を教えてください。

はい、入社後は基本的にPRマネージャーということで、IPGの認知度を高めるための施策を策定し順次実施していくようなことをやっております。ただ、入る前の自分がそうであったように、そもそもIPGという会社名が世間に浸透していないため、少しずつIPGという名称が世間に浸透するための種蒔きを行っているイメージです。そのために何をするかについては、ほぼ一任をされているため、例えばシェイク!のようなイベントをすることもその一つです。後は会社のホームページも管轄しているので、地道にコンテンツ更新やページのリニューアルを社内の関係部署と連携して進めています。



まだ入社間もないと思いますが、入社後の印象的な仕事ってありましたか?

やっぱりシェイク!というイベントを立ち上げたことでしょうか。イベントを企画すること自体は、自分が別でNPO法人を作っているためよくやっていることなんですが、IPGでもするということで、シェイク!の1回目をするまではいろいろとナーバスなこともありましたね。シェイク!自体も、テレビ業界✕異業種によるトークセッションということで、人選についても常に意識してやっています。シェイク!の1回目をやった後は、社内の空気感も少し変わったんじゃないかと勝手に個人的には感じています。自分としては何かしら刺激的なエッセンスをいろんな人に感じてほしいなと常に思います。やっぱり面白いと思って何かをすることが大事だと思うんで。

IPGの好きなところは何ですか?

会社の皆さん真摯に仕事に取り組んでいる姿勢がいいなと感じます。

IPGでやっていきたいことはありますか?


田路からは第二創業だと聞かされているので、これから前例のないチャレンジが色々と始まる中で、前例がないからと躊躇せず、常に走りながら改善をするような仕事をどんどんと仕掛けていきたいですね。

どんなヒトと一緒に働きたいと思っていますか?

やっぱりレスポンスが大事だと思っているので、基本的にレスポンスをしっかり返してくれる方と働きたいですね。意外とそれ以上に望んでいることが余りありません(笑)


あなたのモットーを教えてください。

基本的には何事も「為せば成る」だと思っています。あとは、やるかやらないかの二択だと思っているので、ひとまず決断を迫られるタイミングでは、基本的に前に進む方向で決断するケースが多いです。

なるほど、最後にこれだけは言っておきたいことはありますか?

5月から始めたトークイベントのシェイク!は、会議室ではなく普段仕事をしている社内で行っています。そのため、ダイレクトにIPG社内の雰囲気を感じることが出来ると思うので、とりあえず面白い話を聴きに来るところから、何かきっかけが生まれてほしいと考えています。



ありがとうございました。